鳳凰の魅力


iOSデバイス等のHP出力からの入力対応



●トップパネル面に2つのステレオLINE入力をレイアウト

 入力CH3のLINE7、CH4のLINE9のジャックはトップパネル上にレイアウトされており、これは、イベント進行中に追加接続が発生することを想定したものです。



 クラブイベントでは、複数の様々なスタイルのDJが交代しながらDJプレイを行います。 持ち込んだiPad内の効果音を追加ミックスすることもあれば、MIDIコントローラーを持ち込んでのPCDJスタイルのDJも居ます。 また、持ち込みiOSデバイス内のDJアプリ内でミックスプレイを完結するスタイルも最近では少なくありません。 そのような場合のプラグの抜き差しをイベント中に行いますので、この位置は便利です。

 企業の発表会や、式典イベント、宴イベントなどでは、主催者持ち込み音源として、iOSデバイスなどを渡され、この入力を使うこともあります。 DVDやTV映像の音声信号を、急きょ、接続することもあるでしょう。 トップパネルに2つのステレオライン入力ジャックがあれば安心です。



レベルマッチングスイッチ「+10dB」を装備

 iPhone、iPod、iPadなどのiOSデバイス、その他シリコンデバイス、ノートブックパソコンなどの音源を、ヘッドホン出力から取出し鳳凰ミキサーに入力する際、このレベルマッチングスイッチ「+10dB」をオンすることで、PHONO入力やCDJを接続したLINE入力音と同等レベルの音量にアップされます。 TRIMボリュームの設定位置が大きく変わりませんので、扱いが楽ですし、音質も向上します。




●3.5ミニステレオジャック入力

 3.5ミニステレオジャックも装備し、最近のiOSデバイス絡みの機器からの入力にも対応しています。 例えば、小型BLUETOOTH受信機は、3.5ミニステレオプラグ仕様のものが多く、そのまま接続が可能です。

※ただし、LINE9 で、RCAピンジャックと、3.5ミニステレオジャックの双方に機器を接続した場合は、RCAピンジャックの入力は遮断され、3.5ミニステレオジャック入力が優先されます。(同時ミックス入力はできません)






 ご注文 / 特定商取引に基づく表示 / プライバシーポリシー 
 会社概要 / 製造元 STPVESTAX LLPサイト
COPYRIGHT(C)2018 SOUND ACTIVE CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
当ホームページに掲載されている全頁すべてのコンテンツ(文章・画像・動画・イラストなど)の無断転載などは固くお断りします。

株式会社サウンドアクティブ
info@soundactive.jp